ワクワクをトコトン追及する!

後藤くりこBlog|IT業界・女性のライフキャリア支援

息子3カ月、ネントレリベンジ(たぶん成功)

【生後3週間】「泣かせるネントレ」にチャレンジ→挫折

妊娠中、育児書の類はほぼ読まなかったのですが、親子ともに健やかでいるためにネントレ(ねんねトレーニング=寝かしつけ)だけはちゃんとしていきたい・・・と思い、数冊の本を読んでいました。特に参考にしようと思ったのは「カリスマナニーが教える 赤ちゃんとおかあさんの快眠講座」という本。所謂「泣かせるネントレ」について書いてある本です。超読みにくい本だったのですが、頑張って読破しました。(もし今後チャレンジする方は、基本のスケジュールはネットで調べて、本は辞書的に使うことをお勧めします笑)

諸々の事情から、生後3週目から本格的な泣かせるねんねトレーニングをスタートしました。この時点で、スケジュールの整え具合は4割程度だったかと思います。ほんとはもっときちっと整ってからが理想なのでしょうが、寝かしつけの大変さ(4-5時間かかっていた…)に耐えられず、チャレンジ。とりあえず夜だけ「ネントレ」してみました。

が、あえなく玉砕。
スケジュールは整わない。一日中付きっ切りでスケジュールにあわせようとしても、寝てほしいときに寝ず。起きてほしいときに起きず。
しかも、ネントレはネントレで、こんなに小さくて弱弱しいこの子をずっと泣かせるなんて…と耐えられず。1日目は2時間泣かせた後、何とか寝てくれた。しかし2日目もぎゃーぎゃー泣き続ける息子。1時間過ぎたあたりで耐えられず、だっこしてしまいました。
これには夫がご立腹。「自分でネントレするって言いだしたのに、なんで抱っこしに行ってるの?これじゃネントレにならないよ。」いやほんとに至極まっとうな意見!ほんとにそうだよね…とはいえ、耐えられないものは耐えられない…。泣きながら「ごめんやっぱりまだ早いと思うからなしで!!!」と夫に懇願し、毎日1~5時間(平均3時間くらい)抱っこして寝かしつけるスタイルを頑張りました。

【生後3カ月】ネントレ再開→3日で成功

3カ月経ち、わが子はすくすくと成長…という言葉じゃ足りないほど大きく成長。7.5kgになっていました。当然、2-3時間も抱っこしていると翌日腕が上がらない状態に。ある日「もーーーほんと寝かしつけ辛いわ!!!」的話で夫と盛り上がっていた時、ふと、以前試したネントレを思い出しました。

あの当時は小さなこどもを泣かせることに耐えられなくてやめてしまったけれど、今ならできるかも?耐えられるかも?
あの頃よりもずいぶん身体つきがしっかりしてきたし、私も子どもの扱いに少し慣れてきたし。あやすと笑うようになってきて、少しずつ子どもが自分が孤独ではないことがわかってきている感じもするし。

そこで、夫に提案し2回目のネントレをスタート。

今回は、前回大変だった日中のスケジュール調整はガン無視。寝る時間だけ「夜11時頃寝せる」と決めました。本当はもっと早い時間がいいのでしょうが、我が家は夫の帰りが21時頃。夫が「夜子どもとあそべないのはやだな…」といったため、この時間にしました。
それから、1回目の失敗の時、子どもを長時間泣かせることことで感じるストレスが夫婦間で違うことがわかっていた(私はちょっとでも泣くとしんどいが、夫は結構平気)ので、特に長時間泣く可能性のある初日は、私が不在で、夫が子どもの寝かしつけをする日にしました。これは後から考えても本当によかったなと思います。夫の協力なくして、このネントレの成功はなかったと思います。

夫が担当した1日目。この日は、夫曰く、45分泣いたあと、寝たそうです。
さすがに放置されるとギャン泣きだったよう。10分に1回程度は「いるよー」と様子を見に行き、額を撫でてあげたようですが、その程度では泣き止まなかった模様。
2日目は私も夫も在宅でした。この日のネントレは10分程度泣いた後、しずかになり、寝た。3日目以降はほぼ抵抗もなく。

なんと、スケジュール整えてもいないのにここまであっさりと成功できるとは。ひとりねんねのハードルが高かったのは息子ではなく、私の心だったみたい。それ以降、年末年始で実家に帰省しているときでも、きちんと1人でねんねしてくれています。

産後、まったく確保できなくなっていた「夫婦で夜ゆっくり話す時間」ができて、幸せと心のゆとりを感じました。

ネントレの具体的な方法

うちでは以下の条件を「よるの就寝」の合図にすることにしています。
1.暗い部屋
2.ホワイトノイズの音
3.おしゃぶり(たまに外れてる)
4.おくるみ(たまにしてない、外れてる)
(5.トッポンチーノに寝せる ←年末年始しなかったけど寝てくれたからこの習慣はやめた)

両親と子どもの寝室は同じですが「ベビーベッド」に寝かせるようにしています。(年末年始の帰省中は和室だったので、私のお布団で一緒に寝ていました。)

それから、できるだけ「ギャン泣き」ではなく落ち着いた状態で寝床に連れていくことを心掛けています。本格的に眠くなってぐずりだすまえに寝せるとか、眠くてぐずってたらちょっと抱っこorあやして落ち着いたときに寝床に入れるとか。
でもどうしようもないときはギャン泣きの状態で寝床につれていくこともあります。それでも20分程度では寝てくれます。もちろん、10分に1土は状況を見に行き、なにか異常(おむつ、腹減り等)はないか確認&おかあさんおとうさん近くにいるよアピールしています。

こんな感じで、案外あっさり、ネントレ成功。
寝がえりしたりハイハイしたりする成長の節目でできなく場合があるようだけれど、またこの方法で何とかしていきたいと思う。あと、個人的にはDouDou(ぬいぐるみ)をねんね道具として導入したい。なぜなら、それを抱いて寝る息子はとってもかわいいだろうから!(←おい)

生後4カ月を目前に控えて、夜泣き?疑惑

「ねかしつけ」についての課題は解消されてきたのですが、年末年始の帰省中から、夜泣きっぽいものが出始めました。夜中にぎゃーーっと泣いて起きて「おっぱい!?」とおもって授乳してもさほど飲まずにギャーギャー泣いて暴れて…という状態が10分前後続く日が3回ほどありました。何なんだろう…。あまりに強い泣き方なので、びっくりしています。年末年始の移動による疲労が原因かしら?一時的なものであることを願う。。。

あと、うち、まだ夜~起きるまでに3回ほど授乳しています。体重約8キロまで成長してて母乳不足ってことはないと思うし、夜って正直そんなにごくごく飲んでないので、たぶんこの授乳ってホントはいらないんだと思います、、、ネントレは落ち着いてきたから、今度は夜通し寝れるようになるトレーニングかな?

またネントレ関係については後日談を書いていきますね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top